小さなもみじの物語

2013 年 4 月 29 日 月曜日

   すっかり新しいクラスの名前にも慣れ、職員が間違えると「ぞう組でしょ!(笑)」などと教えてくれる子どもたち。お当番活動やお手伝い保育など、色々なところで進級した喜びと期待を感じているようです。一つ大きくなったから…と頑張っている姿も様々です。

   先日、きりん組さんのかわいいやりとりを見ました。お茶当番の友達がお休みだったため、来ていた2人のうち1人にお願いしたいと頼みました。お茶当番は4月から始まったばかり。2人とも初めてだからお茶当番をやりたいと言って中々決まりません。そこでA君がにらめっこで決めようと提案しました!もう一人のBちゃんは困りながらも納得したようで、いざにらめっこ!2人共真剣なのでいっさい笑うことなく、しばらく戦いが繰り広げられていました。横で見ていた私は、まさかの提案に思わず笑ってしまいました。それでも私の笑いにもつられずに、2人の戦いは続き、ついには決着がつきませんでした。そのあともどうするかなぁと見守っていたら、結局じゃんけんにしようと話し合いで決まり、さっとじゃんけんをして、A君がやることになりました。Bちゃんは静かに受け止めて、「A君になったよ!」と言って園庭に出ていきました。

    いろいろな決め方がある中で、にらめっこで決めるという発想が私にはあまりありませんでした。しかし、最近じゃんけんの代わりににらめっこをして遊ぶ姿が他でも見られ、昔ながらの遊びを子どもたちなりに楽しんでいる姿を微笑ましく思いました。子どもたちの豊かな発想にはいろいろな可能性を垣間見れた一コマでした。

森田 淳子

2013 年 4 月 22 日 月曜日

 色とりどりの草花が芽生え、暖かな優しい風が心地良い季節になってきました。
 入園当初は、保育園という新しい環境に入り、全てが初めてなことだらけで、大好きなお父さん・お母さんから初めて離れ、「ここはどこ?」「ママやパパがいない…」と、不安そうな表情で泣き出す子どももいましたが、今は泣いている時間も減り、好きな遊びを見つけ始めた子や、お気に入りの場所で機嫌よく過ごすなど、思いおもいの時間を過ごしています♪そんな姿を見て、子どもたちの持っている力に改めて感心しています(^^*)♪

 先日、ひよこ組さんではこんなエピソードがありました♪
 音の出る絵本を見つけたAくん、Bくん、Cくんの3人は、揃ってハイハイで絵本に向かって進んでいました。Aくんが一番に玩具を取ると、Bくん、Cくんはじーっと見つめていました。Aくんが絵本を置くと、今度はBくん、Cくんはまたまた絵本に向かってハイハイを始めていました。…そんな中、Aくんは別の玩具のところへ。それを見たBくんは方向を変え、Aくんのところに向かい始めました。
 この様に、環境に少しずつ慣れ、周りの物や人に興味を持ち始める年齢のひよこ組では色々な物に触れたがる姿が多く見られます。今はまだ他の子が持っている物を無理矢理取るような事は無いのですが、これから徐々に自我が芽生え、玩具を取り合う姿が出てくるようになると思います
 大人がそばに居ないと、何も出来なかった子どもたちも、少しずつ自分の力で何かをしたい・やりたい!という気持ちが出てきます。その様な姿が見られるのが、楽しみです♪

 まだ出会ってから1ヶ月も経っていませんが、子どもたちはこれからどんどんたくさんの事を経験し、学び、成長していきます。その一つ一つを見守りながら、子どもたちの笑顔で溢れるように、過ごしていきたいと思っています(*^^*) ご家庭での子どもたちの姿もどんどん教えてくださいね☆

伊 藤  翠

2013 年 4 月 17 日 水曜日

新年度がスタートしました。
あひる組には新しいお友達も入り、とてもにぎやかになりました。

朝、部屋に入り「おはよう」の挨拶をすると「おはよう」と返してくれる子、
ペコっとお辞儀をする子、抱きついてくる子、恥ずかしがってモジモジする子など色んな子がいます。
帰りには1人の男の子がやった投げキスが大ブームで「バイバイ」の後に「ちゅっ」と投げキスをしてくれる子がたくさんいます。

みんなに教えた訳ではなですが、自ら見て覚えたんですね。
この頃は自分で人がする事を見て真似をする時期でもあります。
そんな中、周りの大人やお友達を見て真似て自分のものにしていきます。
たまに「これは僕のマネかな?」と思う子もいたり…。
それだからこそ多くの大人や人と関わる事でたくさん良い事を覚えてほしいですね。
また、周りの大人は子どもが見て真似る、覚えるという事を意識して良い影響を与えていける様に心掛けたいですね。

人数も増え更にパワーアップしたあひるぐみ。
今後どんなクラスになるのか楽しみです!!

文 宏泰

2013 年 4 月 8 日 月曜日

   先日、他クラスとの合同保育があった時に、言葉の面や、気持ちの面で大きく成長したと感じた出来事がありました。
他クラスのお友達が部屋にあるものを色々触っていました。すると、りす組の一人の男の子がソロソロと近づいていき、「おもちゃ触っちゃだめだよ」と一言教えてあげました。すると、触っていた物を元の場所に戻して、その子は元いた場所に戻ってきました。

   昨年度、あひる組さんの時には、一緒におもちゃを触ってしまう姿がよく見られていました。他にも、お友達の玩具と自分の玩具という区別がなく、自分が使いたいがために、勝手に持って行ってしまったり、無理やりにでも持っていこうとしたりする姿も見られていました。

    しかし、最近は、「○○ちゃんが使っているもの」という認識をし、「『貸して』と言うんだよ!」と勝手に持って行こうとしているお友達に教えてあげたりする姿も見られます。

 だんだんと自我が芽生えるこの時期は自分のものということが少しずつ分かってくるので、自分と他人の区別がつくようになります。その過程で“自分はお兄さん”と言う認識から自然と「触っちゃだめだよ」という言葉が出てきたのでした。

 自我の芽生え、発達に伴いお兄さんお姉さんという意識や、自分と他人との違いなどお友達に対しての意識が変化していきます。その影響でお友達との関わり方などが最近とても上手になってきています。今後も益々お友達と遊ぶことも関わることも上手になっていくことを期待していきたいと思います。

一  柳

2013 年 4 月 1 日 月曜日

  4月になり、ひとつ上のクラスになりました。
 子どもたちもお兄さん、お姉さんになったんだとはりきっています。

  先日、その日の活動が選択の日。
 まだ選択がよくわからず、困っているうさぎ組の女の子に、きりん組の女の子が近づいてきました。
 「どうしたの?どれか選ぶんだよ。」
 「・・・。」
 うさぎ組の女の子は固まってしまいました。
 すると、きりん組の女の子は、「こっちが簡単で~、こっちがちょっと難しい
 んだよ。難しいのもあるけど、これはできないかもね!」と説明してくれました。
  うさぎ組の女の子は、考えながら“難しい”のところに洗濯ばさみをつけようとしました。きりん組の女の子は慌てた様子で、「これできる?難しい
 んだよな~。ぞうさんくらいなら出来ると思うけど・・・。こっちは簡単に
 できると思うよ。」と優しくフォローしました。
  すると、うさぎ組の女の子は“簡単”を選びました。きりん組の女の子は
 少しホッとした様な顔で、「がんばってねー。」と言いました。
  そして最後は二人ともニコッとして、それぞれの自由遊びへと戻って行きました。

  このやりとりを近くで見ていて、一年前はきりん組の女の子が教えてもらう側だったんだと思うと、すごく成長を感じることができました。
  活動を自分で選ぶ選択制や順序制は、幼児組になったばかりのうさぎ組に
 とって少し難しい面もあると思います。しかし、毎年こうして上のお友達が 教えてくれることによって、選び方などを覚えているのです。
  そして、困っている子がいたら自然と近づき、優しく教えてあげられる子ども達に私もホッと笑顔になった瞬間でした。

熊  谷