園長日記

2013 年 4 月 30 日 火曜日

 新年度から1か月が経ちました。日々の保育の中で、子どもからの「要求」をしっかりとキャッチしながら、一人でも多くの子の意に沿えるように奮闘しています。その甲斐あって、あれだけ泣いていた子ども達も、段々と落ち着きを取り戻し、先生との「愛着関係」も少しずつ築いてきているようです。関係を築くのが早い子は終始笑顔で過ごす様子も見てとれます。
 ただし、一人一人の子がどの職員とも愛着関係を築けているわけではありません。一人一人が先生を吟味しながら関係を築いているのです。このようなやり取りを初めて経験するのが「社会」の勉強であり、少しずつこの「社会」の一員として、自分の存在や場所を見つけていくのです。そして、この勉強こそが、少子化の現代には大切な力になってくるのです。
 もし、「小さいうちから保育園に預けてコメンね」と思っている方がいるなら、それは違います。今、「社会」を経験できるのは限られた場所しかありません。どうか、日々学んで成長している子ども達の姿をしっかりと見つめ、保護者としての深い愛着関係を築いていただきたいとおもいます。

(おたよりの続き)
 人は、人生において様々な人と出会います。また、その出会いかたも場面によって、年齢によって様々です。携帯電話のアドレス帳も、家族、職場、教育関係、プライベート、地域、会社などのフォルダーに分けられていますが、それぞれにおいての関わり方は違ってきます。このような様々な人とかかわることが、そして、それぞれの関わり方を変えてくことが社会で生きるということであれば、確かに人は大きな脳が必要になってきますね。
 しかも、そのかかわり方の違いは、その立場、職種によって変わるだけでなく、相手の年齢、性別、個性によっても変わってきます。また、その日の、その瞬間の相手の気持ちも反映します。それは、表情、声の調子、態度など非言語的ヒントから判断しなければなりません。この能力は、人と人とがうまく同調するために必要なものです。同調するためには、お互いが考えるのではなく、非言語的ヒントを即座に読みとって円滑に反応する必要があります。
 このような能力は、乳幼児のころに育てるべき教育であるとされています。この時に使われる「教育」とは、教え込むことではなく、生まれながら持っている能力を引き出し、それをより洗練し、確実なものにしていくということです。この確実なもの、安定したものにするために、周囲の誰かとの「愛着」が必要になってくるということです。そして、それを育てるのが、乳幼児期の課題であれば、当然愛着の対象は母親であることが多いであろうし、母親はその時の子どもの思いを受け止めることが必要なのです。
 しかし、その後も人は人生の中で様々な人とかかわっていきます。その時には、いくら中学生になっても、大人になっても、傷つけられること、不安になること、理解してもらえないことなど負の状況になることはたくさんおきます。その時にも、心の安定をもたらすためには愛着の存在が必要になります。その時には、乳児のころの母親との愛着が半永久的に作用するとは思っていません。乳児のころの愛着の思い出のまま母親と別れているのであればありえますが、いつもそばにいる母親が小学生になったから、中学生になったからといって、子どもの心に寄り添ってあげなければ、乳児期の愛着の絆は切れてしまいます。しかし、それを、周りの誰かが補うことはできると思います。
「愛着」とはただそばにいれば良いわけではないようですね。

どうすれば「愛着」が形成されていくのかを5月15日ごろ載せます。

2013 年 4 月 12 日 金曜日

 赤ちゃんは探索、探究要求をすることがあります。その時の対象は、近くの大人ではなく、周囲に広がるすべての世界に能動的に働きかけます。この時に、まさに「子ども自ら環境に働きかけ、その環境との相互作用により発達する」ということです。しかし、この言葉は同じでも、幼児と乳児では働きかける動機が違う気がします。幼児期では、何かをきっかけとして、そのひとつは、過去の経験から、他人のしていることから、目についたものから、それらを思い出して、ある目的を持って環境に働きかけようとします。あれをやった時に面白かったから、もう一度やってみようとか、あの本が面白かったからもう一度読んでみようとか、あの時誰かがやっていて、それが面白そうだから自分もやってみようとかという時間的経過があっても、経験が動機になります。ということで、大人は、経験を豊富にさせること、それをやりたいと思った時に実現できるような環境を用意することが課題になります。
    しかし、赤ちゃんは、今、目についたもの、今、体が欲することをやろうとします。もし、大人がおもちゃを与えたとしても、そのおもちゃがその赤ちゃんにとってちょうど発達にあっているか、興味があるものであればそのおもちゃで遊びますが、合わないときには目もくれません。という意味では、かなり能動的です。そのためには、赤ちゃんが目に付くところ、手に取りやすいところに興味や関心のあるようなものを置いておくとか、散らばせておくとかする必要があります。また、その遊びから、より興味を広げていくような環境も用意する必要があります。大人の赤ちゃんからの要求に対する対応は、環境を用意するということになります。
    もう一つ、共感、同調要求があります。面白いものを見つけたとき、面白いことをしたときに、逆に痛いとき、不安な時、そんな気持ちに共感してほしい、同調してほしいという要求です。その時に、大人は、赤ちゃんと見つめあうのではなく、同じものを見ていないといけないのです。赤ちゃんと同じ行動をすることで、同じ気持ちになるということを伝えるということです。
    これらの要求に対応することで、赤ちゃんの心の発達を支えることになっているのです。「痛かったね」や「これおいしいね」といった何気ない会話から、相手の気持ちを察し、人の気持ちが分かる子へとなっていくのです。親ならだれもが我が子は「優しい子」になってもらいたいと願っていると思います。そうなるために赤ちゃんからの要求に対して、まずは親の方から優しい気持ちで接することが大切なのですね。

2013 年 4 月 1 日 月曜日

    新しい年度を迎えました。たくさんの新入園児が入園し、保護者の方は初めてお子様を預ける不安を抱えている方もいるかと思います。このような不安は当然赤ちゃんも感じていますので、多くの赤ちゃんは何日間かは大泣きをします。
    昔から「泣く子は育つ」とか「赤ちゃんは、泣くのが商売」と言われており、「泣くことで周りの人を自分に呼び寄せるのだから泣いたら放っておかずになぜ泣くのか訊いてやりなさい」と言われてきました。この「泣く」ということはこの頃の赤ちゃんの発達にとってとても大切なことです。嫌なことや不安なことで周りの大人に訴えることや、泣くことによりこの後の会話の準備にもなります。
    多くの人は、赤ちゃんは「どうせ何も分からないだろう」と思われていますが、赤ちゃんがすることにはどれも意味があって、この後にある発達の準備をしているのだと言われるようになってきました。
    皆さんも赤ちゃんが泣いているのを見かけたら、「かわいそう」の前に「何を要求しているのかな?」と考えて下さい。しっかりと要求に答えてあげることが将来にもつながっていきます。v(^^)

(おたよりの続き)
 最近、母親と赤ちゃん、父親と赤ちゃん、養育者と赤ちゃんのような二者関係といわれるかかわりについてかなり研究されています。かかわる場面は、その要求においていくつかに分けることができます。その一つは、生理的要求です。この要求に対しては、二者関係で解決されることが基本です。ですから、この要求にこたえる時の応答的な、会話的な関係性を論じることは意味があります。お腹がすく、眠くなる、暑すぎるなどの状況がおきたときは、身近な大人にその要求にこたえてもらおうと訴えかけます。そして、身近な大人はそれにこたえるわけです。このように整理すると、すぐにわかることですが、初めに赤ちゃんからの要求があります。ということは、この要求において、赤ちゃんの行動は能動的なのです。
    以前私は「世話する」とか、「面倒を見る」というようなことは大人からの行為であり、赤ちゃんにとっては受け身であると思っていたことがあります。それは、赤ちゃんはやってもらうわけですから、その関係においては受け身なのですが、実は、かなり能動的であると思うようになってきました。その訴えは、非言語コミュニケーションを手段として、赤ちゃんは泣くということだけでなく、様々な手を使いますのでわかりにくかったのです。笑顔を見せてかわいく思われようとすること、しぐさをかわいく見せようとすることなどは意識せずにおこなっているようですし、時には、わざと泣いて見せるとか、わざとふざけたり、時には大人をからかっているかのような行動をすることがあります。赤ちゃんってすごいですね。そんなすごい赤ちゃんからの能動的な要求をしっかりと受け止め、赤ちゃんにとってより良い関わりが出来ると良いですね。

赤ちゃんからの要求について4月15日ごろ載せます。