園からお知らせ

2013 年 3 月 2 日 土曜日

今年度最後の月となりました。

一年はあっという間ですね。。。

 

2月14日に木月保育園では「伝承遊び」を行いました。

室内では「コマ・お手玉・けん玉・福笑い・すごろく」

園庭では「凧揚げ・竹とんぼ・羽根つき」

一時保育室のお友達も参加しました。

それぞれのコーナーには、保育園の職員や保護者、またおばあちゃんが居てやり方を教えてくれました。

子ども達は、普段なかなか触れる事の出来ないおもちゃに興味津々で「ぜんぶやってみたい!!」と説明の時間から張り切っていました!!

けん玉・竹とんぼ・羽根つき・凧揚げは本物よりも簡単に楽しさを味わえる様にと、職員が手作りで用意したので、参加した子ども達も、自分ひとりで遊べる事がうれしかったようで、何度も挑戦していました。

すごろくはみんなで挑戦したものの。。。少し難しかったようでなかなかルール通りにはできませんでした。

途中で幼児年齢のクラスのお友達が「いっしょにやろうよ」と言って入ってきてくれて、一時保育のお友達に一人ずつついて教えてくれました(^O^)

一番長く遊んでいたのが「こま」でした。

一時保育室の隣がホールで、朝の時間は幼児組のお友達がよくそこで「コマ」を回しています。

その様子を窓からいつものぞいていたので、伝承遊びのおもちゃを見て一番にコマのコーナーに足を運びました!!

コマコーナーには、手で回すコマ・紐を使って回すコマ・紙で作ったコマがありました。

1歳児クラスの子は手で回すコマに夢中で何度も回していました。

2歳・3歳児のお友達は紐で回すコマを持ってみよう見まねで紐をまいていましたが。。。

やはり難しくうまくまけませんでした。

すると、隣でコマを回していた他クラスのお友達が「貸してごらん」と言って紐をまいてその状態で一時保育のお友達に渡して「こうやってまわすんだよ」なんて回し方も教えてくれました。

この日を境いに、朝ホールでコマを回していると「いっしょにやろう」と一時保育室に顔を出して声をかけてくれる子が増えました☆

 

どのコーナーでも他クラスのお友達と関わる事が多く、特にコマ・すごろくでは一時保育のお友達も自ら積極的に関わっていました。

見慣れないおもちゃに興味を示し自分から遊びに行く姿があり、その中で自分から他クラスのお友達に声をかけて教えてもらったり、他クラスの子が「なまえなんてゆうの?」などと声をかけてくれる事で、担任がいなくても関わって遊ぶきっかけになっていたようです。

コマもそうですが、最近では他クラスでやっている事に興味を示すと「いってみたい」「やってみたい」と言って、担任が付いて行く事もしばしばありますが、お友達を誘って一緒に遊びに行くなんて姿も多くなってきたように感じます♪

一時保育室は、日々違うお友達が利用しているのでなかなか慣れるのにも時間がかかるもの・・・

でも、クラスのお友達はいつ来ても同じお友達が通っています。

他クラスと交流を持つことで、いつも同じお友達に会えるという事が楽しみになり、それぞれの年齢にあった遊びやが出来るので、普段の異年齢の保育とは別の楽しみが増えているのではないかと思います。

保育園のお友達は、一時保育のお友達にとってとっても大きな存在になってきているのだと思います。

さて、3月の予約が開始しました!!

今月もたくさんの予約をいただきました☆

ありがとうございました!!

今月はキャンセル待ちがとっても少ないです。

キャンセル待ちを利用チャンスです!!

この時期はたくさんキャンセルの出る季節です。

ご予約電話はいつでも受け付けています。今からでも遅くありませんのでぜひご連絡ください!!

 

☆3月の予定☆

22日 誕生会

25日 一時保育電話予約