園長日記

2012 年 10 月 31 日 水曜日
   肌寒い風が園庭を通り抜け、秋本番の今日この頃です。外遊びにはもってこいの日が続き、元気に園庭で遊ぶ姿が見られます。運動会が終わってもうすぐ1か月になろうとしていますが、子ども達は運動会と同じものを用意してあげると、以前出来なかったことが楽々と出来るようになっている子を何人も見ます。一見、どうして運動会までにもう少し頑張らなかったのか?という保護者の方もいるかと思いますが、子ども達の中では目に見えないところでの発達過程があるのです。発達はある時突然開花するものではありません。日々の生活の中で、少しづつ少しづつ準備をしているのです。その準備が整った時、開花するのです。特に赤ちゃんを見ているとまったく意味のない事や変な事、危険なことをしていることがあります。しかし、それはすべてが次の発達への、もしくは将来への準備なのです。どの行動も一つも無駄なことはなく、すべてが意味のある行動なのです。  どうか赤ちゃんが色々な物を口に入れている時でも、幼児が変わったものを作っている時でも、すべては将来花開くための準備をしているのだと思って、笑いながらほめてあげてください。 (おたよりの続き)   発達の特性の中に、「発達の方向性」という概念があります。発達には、一定の方向性があるということなのですが、発達は何を目指し、どのようになろうとしているかということを人生の長いスパンからみてみると、その方向に確実に向かっていこうとして、それぞれの時期における発達があるような気がしています。その方向を見失わないことが、子どもの発達を援助する上で大切なことだと思うのです。人類だけでなく、すべての生き物は、自分たちの遺伝子を子孫に残していくという方向を持っていると思うのです。それは、生きていくうえで必要な能力、たとえば五感をどのように育てていくかという身体的なことだけでなく、人間ならではの方向性を持っているような気がします。たとえば、より効率的に遺伝子を残していく方向、すなわち、より善く生きるための改善や、改良する能力も受け継がれてきたと思います。たとえば、人間は、将来道具を使うようになり、その道具を改良、発明をしていきます。そのために、赤ちゃんは、さまざまなものに興味を持ち、キョロキョロし、いろいろなものを触ろうとします。  また、逆に、遺伝子を受け継いだ赤ちゃんが持っている能力は、きっと、将来、生きていく上で必要な能力であるという気がします。この能力は、人間だけでなく、他の生き物でも言えますが、生きるうえで必要であるか、もし必要でなければ、その後その能力は消えていっているでしょう。  人類がある方向性に向かって成長していくとき、それぞれの時期での発達は、その時期にだけ必要なのではなく、その後の生存に備えての発達であるはずです。ある日突然ものがつかめるようになるのではなく、それまでに物をつかむためのさまざまな芽生えが見られるはずです。それが、発達の「連続性」です。「発達の連続性」は、ある方向に向かって、絶える事のない連続的な発達のことです。発達は、休止や飛躍や突然現れるのではなく、表面的には発達が止まっているように見えたとしても、また、突然その発達が現れたとしても、身体や精神はいつでも変化し続けているのです。そのときに、その時期における行為を保障していくことが大切になります。それが、保育指針の保育の目標にある「今をより善く生きる」ことが「望ましい未来を培う力となる」ということになるのです。  赤ちゃんが、大人から見ると、意味のないこと、無駄なことをしているように見えるときでも、きっと、将来のために必要なことを学んでいるに違いありません。不用意に制止したり、怒ったりする前に、少しそんなことを考えてみるといいかもしれません。   大人が頑張って運動会に間に合わそうと必死でやっても、連続的な発達の過程で、その時が来ないと出来るようにならないのですね。日々見えない発達を見る努力と、子ども自身が自ら育とうとする意欲を大切にしたいですね。 HPにおいて発達の順序性について11月17日ごろ載せます。
2012 年 10 月 12 日 金曜日
 私たちが、子どものころは「日本は発掘可能な天然資源をほとんど持っていない島国である」と聞かされてきました。ですから、工業を発展させ、技術革新が必要なのだといわれてきました。また、このような環境や生活条件によって、日本人は、個人の幸福を超えた集団の幸福、そして集団に高い価値を置くようになったかもしれないと、「PISAから見る、できる国・がんばる国」という報告書の中で、日本について分析しています。そして、集団への無批判な愛によって包み込まれるというこの感覚は、「和」という、日本社会においてきわめて重要な概念であるといっています。この「和」は、幸福に不可欠なものとして、生涯のあらゆる段階、つまり最初は母親との間、次に残りの家族、学校や大学での友達、仕事場での同僚や上司との間で求められるとしています。  この「和」を大切にすることが、人同士の関係を良好にするものであればいいのですが、この報告では、それは少し違うように働いていると書かれています。「そのような環境の中では、個人は集団から高く評価されることによって尊敬を得られるのであり、個人の行いが集団の調和を脅かすならば、社会的制裁は広範囲にわたる影響を伴う。もし、ある集団の信望を失うならば、別の集団と和を確立することがさらに難しくなるのである。」このような文化的要因が、自分が所属する集団とのよい関係を維持するために必死に働くという日本の特徴が説明できるとしています。  このような価値観は、仕事場にも浸透しており、日本においては概して同僚の尊敬や承認を得るために、人々は一生懸命に働くとよく言われているようです。個人の名誉ではなく、むしろ集団の利益のために懸命に働いているというのです。日本の労働者は、「怠ける」ということをあまりしないのは、上司が監視しているというよりも、彼らの仲間や後輩の職員も監視しているからだといいます。  なんとなく、外からどのように日本人を見ているかということを読むと、私たちが当たり前だと思っていることが、珍しいことであるようですね。出来れば、この日本の特性を、良い方に持っていくために、その特性を否定するのではなく、きちんと理解することが先ず必要でしょう。そして、上辺だけのお付き合いではなく、相手のことを気遣う真の「和を以て貴し」な関係を築けたら良いですね。 みんなと仲良く出来るように、子ども達も日々勉強しています。