園長日記

2012 年 9 月 28 日 金曜日
   木月保育園では昨年、第3者評価を受け、多くの学びがありました。その中で職員間でも、「仕事をしながら子育てをしている保護者の方に、少しでも役に立てることをしよう」という声が上がり、毎年行っている園内の研修において冊子を作ることにしました。 「好きほどものの上手なれ」の言葉にあるように、それぞれが得意なものを選び、5つの分科会に分かれ、職員も楽しみながら、少しでも子育てに役に立てるものを作ろうと励んでいます。少しでも皆さんのニーズに応えられる様にとアンケートを取ったり、休みを返上して研修に行ったりと、一人一人が真剣に取り組んでいます。気が付くとそこにはグループごとのまとまりも生まれ、「和」となり、とても良い雰囲気が園全体に広がっています。皆さんからの「良かったよ!」の声に職員一同、益々やる気を出しています。きっと、楽しそうにしている先生たちを見ている子ども達も喜んでいると思います。今後も楽しく張り切って実施していきます。どのような成果になるかご期待ください。(^^)Vrimg0371  (おたよりの続き)    聖徳太子は「和を以て貴し」ということを十七条憲法の第一条に載せています。 「一に曰(い)わく、和を以(も)って貴(とうと)しとなし、忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ。人みな党あり、また達(さと)れるもの少なし。ここをもって、あるいは君父(くんぷ)に順(したが)わず、また隣里(りんり)に違(たが)う。しかれども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。」    つまり、「一にいう。和をなによりも大切なものとし、いさかいをおこさぬことを根本としなさい。人はグループをつくりたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親のいうことにしたがわなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし上の者も下の者も協調・親睦(しんぼく)の気持ちをもって論議するなら、おのずからものごとの道理にかない、どんなことも成就(じょうじゅ)するものだ。」と言っています。 この十七条憲法は現在の憲法と違い、内容は役人の心得になっています。最初の第一条と、最期の第十七条の内容は、「和」がなによりも大事だということを重ねて注意しています。「争うことをせず、とことん話し合っていけば物事はうまく運ぶ」ということです。当時の日本が、どれだけ統一性がなかったのかが伺える一文です。    そして、現代社会においても、ギスギスした人間関係を作るより、みんなのことを考えながら生活していると、不思議と素敵な関係が気づけそうですね。 「みんなと仲良くしましょう」たしか保育園の時に、お砂場で習ったかな~

世界から見た日本の「和」について10月12日ごろに更新します

2012 年 9 月 15 日 土曜日
 「Society at a Glance 2009: OECD Social Indicators」という書籍が、英語版ですが日本でも販売されています。この書籍は、 OECD諸国の国民生活のついてのデータが掲載されていますが、そのなかに、睡眠時間について各国を比較したグラフが掲載されています。それを見ると、各国の睡眠時間はけっこう差があります。人間は、概ね必要な睡眠時間は同じようだと思うのですが、個人差があるように、国によっても違うようです。国では、最も良く眠るのはフランス人で、530分(8時間50分)で、子ども並みの長さです。以下、米国(518分)、スペイン(514分)、ニュージーランド(513分)、トルコ(512分)、オーストラリア(512分)の順でした。   逆に、睡眠時間が最も短いのは韓国で469分(7時間49分)、次いで日本(470分)、ノルウェー(483分)、スウェーデン(486分)、ドイツ(492分)、イタリア(498分)の順になっていました。フランスと韓国の間には1時間もの差があります。   日本人は、韓国人とともに最も眠らない部類に属しています。一般的に睡眠時間は高齢者ほど長くなる傾向があるといわれていますが、両者の間には相関が見られないようです。日本のように高齢者の多い国でも睡眠時間が短い国もあれば、トルコやメキシコのように高齢者は多くないにもかかわらず睡眠時間は長い国もあります。では、日本人の睡眠時間が短いのは、多忙だからではないかと思うと、日本人と同じように多忙国民と見なされる米国人はフランス人に次いで睡眠時間が長くなっており、必ずしも多忙さと睡眠時間は関係なさそうです。   しかし、どうも出生率には関係があるようです。出生率が高い国ほど睡眠時間が長い傾向が観察されます。OECD報告書にある2006年のデータで比較すると、フランス(1.98)、米国(2.10)、ニュージーランド(2.01)、トルコ(2.18)、オーストラリア(1.81)という具合です。ただし、睡眠時間第3位のスペインは、例外的に出生率が低く、1.38となっていますが、スペインの場合は、シエスタ(昼寝)という伝統的な生活習慣ゆえの長時間睡眠だと考えられています。 こうやって見てみると、ヨーロッパとかアジアというような大陸的な事も睡眠時間とは関係ないのが、不思議に感じます。どうしても日本は忙しいというお国柄もついてきて、睡眠時間も少ないようですが、アメリカやフランスのように、睡眠時間をしっかり取っていても、世界の中心で頑張っている国があるなら、日本ももう少しのんびり、ゆったりと睡眠時間を取れたら良いなと思います。