園長日記

2012 年 8 月 31 日 金曜日
   アッという間に5か月が過ぎ、子ども達も園生活に慣れ、どの子も笑顔で過ごせるようになりました。生活習慣も園での決まった流れで過ごせるようになってきました。午睡の時間もだいぶ長くなってきて、お昼寝明けの子ども達の表情はスッキリとしています。 生活習慣が整ってくると、個々の活動が充実してきます。0歳や1歳の子ども達を見ていると、遊びが充実してきているように思います。自分の興味があるものを探し、見つけ、遊ぶという流れが徐々に出て来ています。体の機能も発達し、今まで以上に出来ることが増え、遊べるおもちゃもレベルアップしてきました。    規則正しい生活習慣(特に睡眠時間)は子ども達の集中力や情緒の安定に大きく影響します。また、保護者の生活習慣も子どもに大きく影響を与えます。どうか、子ども達が小さいうちは、大人の時間は子ども達が寝てからにとっておき、子どもの生活習慣を第一に考えて過ごしていただけたらと思います。                            (おたよりの続き)   子どもたちが健やかに成長していくためには、何が必要なのでしょうか。それには、適切な運動、調和のとれた食事、十分な休養・睡眠が大切だといわれています。また、これらが必要とされるのは、それぞれの割合は年齢によって違ってきますが、どの年齢においても必要なものです。「よく眠り、よく食べて、よく体を動かして」ということが必要であることは確かです。そして、園の中では、子どもたちは、遊ぶことにより体を動かすので、「遊、食、寝」が必要ということなのでしょう。  しかし、最近の子どもたちを見ると、「よく体を動かし、よく食べ、よく眠る」という成長期の子どもにとって当たり前で必要不可欠な基本的生活習慣が大きく乱れてきています。そして、その基本的生活習慣の乱れが、 児童期になると、学習意欲や体力、気力の低下の要因の一つとして指摘されています。そのため、国では、平成18年に、「早寝早起き朝ごはん」に取り組み始め、子どもの基本的生活習慣の確立や生活リズムの向上につながる運動を積極的に展開しています。その取り組みに対して、「何時に寝れば、早寝になるのですか?」と疑問を持ちます。就労している保護者にとって、保護者の帰宅時刻が遅いために、子どもを早寝させるのは大変だと思います 。   日本赤ちゃん学会編の「赤ちゃんカフェ」編集部が、0~3歳児を中心に睡眠の実態調査の結果を2009年の本誌に掲載しています。それによると、早寝早起きへの関心度では、「少し気になる」「気になる」「とても気になる」を合わせると9割以上の保護者が「はい」と答えています。そして、それを「実行している」もしくは「実行しようと努力している」との回答が7割近くあります。気にはしているが、実際はできていない家庭が3割はいるようです。そのできていない理由として、やはり、現在就労中のため難しいとのことでした。また、早寝早起きを「やろうと思わない」と回答したのも、就労中の保護者がほとんどでした。   では、就寝時間や起床時間はどうでしょうか。理想だと思っている就寝時間は20時から22時、起床時間は6時から7時の回答が一番多かったようです。では、実際はどうかというと、21時台に寝て、7時台に起きる子どもが多いようです。  子育てはいつも理想と現実の狭間で葛藤が尽きません。ただ、乳幼児期の今この時期に、大人がしっかりと生活習慣を整えられるか否かで、その子ども達の一生を左右するかと思うと重要です。今が頑張り時ですねp(^^)q                                                                                                                                                                             世界の睡眠時間について9月15日ごろ載せます。
2012 年 8 月 11 日 土曜日
   「生活」とは、なんだろうかと思った時に、この字から見ると、「生きて、活動すること」となります。ですから、この生活とは、人間に限らず、生きているものにはどんなものにも使います。 では、「子どもの生活」と使うときには、どのような意味が含まれるでしょうか。  倉橋惣三は「幼稚園真諦」のなかで次のように述べています。「幼児のさながらの生活から出発し、生活を通して、それを本当の生活にしていくのが幼稚園の教育だ。」すなわち、生活の中に教育的価値を見いだし、どのように体験させていくかというところに、教師の計画的な環境構成や援助がいるとしているのです。良い教師とは、一日の生活の中で、そのような教育の機会を与える教師であるといいます。ですから、「幼児を教育すると称して、幼児を先ず生活させることをしない幼稚園に反対」とはっきりいっています。  よく、園では、「コアタイム」とか、「設定保育」と称し、その時間内だけが保育であり、そのほかの時間帯は子どもたちの自由時間であるとして、週案などの保育計画はただこの時間内だけを立てたり、日誌も、この時間内での活動だけを記したりします。しかし、園は朝「おはよう」と登園してきてから「さようなら」と帰るまでが保育なのです。散歩に出かけるときにも、目的地での活動だけが保育ではなく、行く途中、帰り途中すべての時間帯が保育なのです。それは、子どもの生活そのものが保育だからです。倉橋は、「生活の教育化」という概念を持っていたのです。  「生活の教育化」ということは、具体的にはどのようなことでしょうか。倉橋は、子どもは、自ら育つ力を持っている有能な存在である主体者であるという前提の下、子ども達は環境との相互作用により発達していくことから、環境を構成していきます。環境に主体的に関わることで子ども達は自己充実し、その中で必要な経験をし、保育者は、個々の子ども理解から、子どもに経験してほしい狙いを織り込んだ環境を構成し、個々の子どもがその環境の中で子どもにふさわしい生活を送ることができ、もし、子どもが必要としていることがあればそれに応じて答え、いつでもそのスタンスでいることを表明し、見守っている存在である必要があるのです。  では、子どもにとっての「ふさわしい生活」とは、園生活の中でどのような生活を指すのでしょうか。彼は、その基盤は「遊び」であり、「主体的な活動」にあるとしました。「遊び」は、子どもにとっては「生きること」であり、「成長すること」そのものであり、まさに「生活」という、「生き」「活動」していることなのです。現在、小児保健の教科書には、「遊び」は「赤ちゃんの生活すべて」と位置づけられています。この遊びの意味は、乳児に限らず、子どもにとっては、「生きる」ための要素がたくさん詰まっているのです。  子どもの「生活」と「遊び」は切っても切れない関係にあるのですね。