園長日記

2012 年 7 月 31 日 火曜日
3・4・5歳で過ごしている幼児組では、毎日日替わりのお当番さんがいます。グループごとに活動し、一つ一つのグループにはそれぞれ3・4・5歳の子が均等に属しています。8グループもあるとなかなか順番が回ってきませんが、当番になった当日はその子にとって特別な日になっています。 お当番の一日の仕事には朝のお片付けのパトロールやレストランのお支度、そして、ぞう組のお当番はクラスの人数の計算をしに事務所に行ったり、給食のメニューをみんなに伝えたり、給食の配膳をしたりと多岐に渡っています。そのような活動を行っているおかげで最近では、お当番活動に意識や意欲が出てきているようで、自ら園でのルールを率先して守っている姿が見られるようになってきました。   子ども達にとってのお当番活動は、仕事か遊びかの区別はついているかはわかりませんが、遊びのように楽しく仕事が出来る子ども達はとても生き生きとしています。これからも楽しみながら色々な事に挑戦しようと思う意欲を育てていきたいと思っています。  rimg0315 (おたよりのつづき)  幼児教育の第一人者のモンテッソーリは、子どもの活動として、生活の中で達成感を得られる活動を「仕事」と呼んで、「遊び」と分けて考えました。「遊び」とは、特別な目的がなく、途中で終わってもかまわない活動であるのに対して、「仕事」は、目的や終わりがあり、終わったときに達成感がある活動であるとしました。したがって、遊びの「ままごと」はせず、本物の食材を使い、本当につくって食べて、片付けるまでを「仕事」としてやりぬきます。そして、モンテッソーリは、歩き始めのころから4,5歳までを「敏感期」と呼んで、この敏感期の子どもは「遊び」よりも、自分を確実に成長させる「仕事」をやりたがることを発見します。  しかし、園児が園に登園してきたら、最も無理のない子どもの自然な形態である「自由遊びからはじめる」ということを、日本の子ども・保育研究の先駆者である倉橋惣三は提案しています。ここで言う自由とは、「自然な形態」を指しているのですが、彼は、モンテッソーリと違って、「目的なしには一切の教育は存在しない」とした上で、「目的を必ずしもこちらから押し付けなくとも、幼児の生活それ自体が自己充実の大きな力を持っている」という、子ども自身に自ら育とうとする力があるとする子ども観、発達観に立脚をしているのは確かなようです。  日本でお茶の水大学付属幼稚園が設立されたときの保育方法は、欧米で行われていた恩物を中心としたフレーベル式幼稚園を引き写した形で行われていました。それは、非常に教師の主導性や指導性が強いものでした。それを倉橋は、取り扱い方法が厳密に決められていた恩物を「棚から下ろし、全部をごちゃ混ぜにして、ただの積み木にしてしまった」と称されたような保育方法をとります。それは、「子ども中心主義」であり、子どもの生活をその具体的な生活を十分に営ませることによって、より高い生活に導くとして学校の形態としてのその枠をはずしたのです。その保育方法、内容の中心は、「遊び」を主体としたものであり、一人ひとりの子どもの遊びが充実するように教師が「教える」のではなく、子どもの要望があれば、「指導」するとしたのです。  子どもにとっての遊びは、大人でいう仕事や勉強・訓練・練習等様々な要素が含まれます。なので「遊んでばかり」とは言わずに、「○○ちゃんはいっぱい遊んでお利口ね」といっぱい言ってあげて下さい。

遊びについてもう少し8月15日ごろ載せます。

rimg0325

2012 年 7 月 13 日 金曜日
 生物は、多様であることによって、地球の健全な生態系を維持してきました。この生物というものは、どんなものであろうか、どのような本質を持っているかということについて柳田敏雄氏が、とても興味深いコメントをしていました。それは、「“いいかげん”に潜む真理 ふらつく脳 創造の源」という標題がついています。  現代社会は、電車や飛行機など乗り物はきちんと秒刻みで運行されています。銀行などで1円の違いも許されないのと同じように、私たちが行っている保育のように、いくら人間相手の仕事でも少しのミスも許されないかのように緊張して仕事をしています。間違いに対して人はどうも寛容ではなくなってきたように思います。また、待たせられることに対してもイライラします。美味しいものを食べるために並んで待つとか、バーゲン品を買うために長い時間並ぶことは平気でも、何かを処理しようとするときには、無駄なくてきぱきと行うことが望まれます。また、何かを決める時にぐずぐずしていると、優柔不断だと注意されます。   40年ほど前に花形の半導体分野というデジタル発想が重視される世界から、あえてそれを捨て、日の当たらぬ生物分野に転じた異色の研究者、柳田敏雄氏は、「いいかげん」こそ生き物の本質であると説いています。「いまの世の中では『ぶれる』とか『ふらつく』とか『優柔不断』というと、マイナスイメージでしかとらえられません。でも、ぶれる、ふらつく、というのは悪いことではない。生き物の根源的な特性です。炎の揺らぎや、木の葉の揺らぎ、金魚などの泳ぎの揺らぎなど自然界にある揺らぎは、規則を持って動いていないために、人を癒します。なぜかというと、「筋肉など生き物の組織を分子レベルで調べてみると、動きはふらふらしていて、どっちへ動いているのか分からない。じっと目を凝らせば、ある方向にかすかに動いているのが分かりますが、整然と動いているわけではありません」と柳田さんが言うように、もともと人間はその揺らぎによってできているのかもしれません。「ふらふらしてあいまいなのを『ゆらぎ』と言いますが、この現象は細胞も脳も同じ。ふらふらしていると優柔不断に見えるし、決断も遅いように見えます。でも外部の状況、環境を取り込んで動くにはふらふらしているのがいい」と言っています。  どうも、生き物は自らが試行錯誤して神経系など生体システムをつくり、動く生き物のようです。「人間の行動もふらふらしています。無意識のうろつき、例えばあちこちに立ち寄るような動きを天上から眺めてみると、大腸菌のふらつきにそっくりです。僕らは意識とか思考とかのプロセスが、分子や化学反応とはかけ離れた高次な反応と思っているけれど、生命現象から言うと、ふらつきやゆらぎの世界の話にすぎないのです。ふらふらしていてあいまいと言うと『いいかげん』なように見えますが、これこそが生き物の本質なのです」また、いろいろなことがひらめく人は、脳がふらついているからだそうです。「創造性も脳がふらついていいかげんだから生まれる。間違って現実と異なる答えを思い浮かべ、妄想のように膨らむ。それが創造性でしょう。いいかげんだからこそ同じものを見てもとらえ方が違ってくる。そこが人間の面白さです」   そんなことから、彼は学生にこんな提案をします。「一つのことに固執しないで世の中をいろいろ楽しく見ようよ。そんな精神です。了見狭く一つのところにこもらずにふらふらしよう。」そして、「日本ではいま、間違ってはいけないという発想が強すぎます。間違って当たり前という考え方があってもいい。いいかげんな人間が市民権を得る社会構造も必要だと思いますよ」 まさに、遊び心が創造性を生み、個性を作り、変化に対応できる力をはぐくむのかもしれません。