園長日記

2012 年 4 月 27 日 金曜日
  新入園児の子ども達は入園後、1ヶ月が経ち、大分慣れてきた姿が見られます。ひよこ組ではハイハイをしながら興味のあるおもちゃに向かっていく姿が見られたり、あひる組ではたくさんのおもちゃの中から自分の気に入ったおもちゃを見つけ遊んでいる姿が見られたりと、少しずつ色々な事が出来るようになってきました。これから遊びの幅が広がっていくと、イタズラをするようにもなってきます。この散策遊びの広がりにより、子ども達の五感への刺激が増えていきます。この五感の刺激こそが運動機能を高め、更に出来ることを増やしていくのです。何気ない成長の裏には未知なることが起こっているのですね。成長が早いこの時期は目が離せませんね。 (おたよりのつづき)   人は、人とコミュニケーションをとるときには、必ずしも言語によらないことはわかっています。しかし、言語によるコミュニケーションにしても、非言語によるコミュニケーションにしても、人間は、五感を使って外界からの刺激を感じ、その情報が脳に送られ、その刺激を理解し、判断する行為をしているのです。そして、その情報を整理し、保存をしておくことで、お互いの意味の合意が次の時の会話が成り立っていくのです。この中で、五感を使って外界からの刺激を感じ、理解し、判断する能力を「認知能力」といいます。しかし、五つの感覚で構成されている五感といわれているものは入り口であり、この刺激をもとにして、外界にある事物や事象を意味あるものとして対象としたときに、はじめてこの五感は、「知覚」となるのです。ですから、発達は、まず「子ども達自らから環境に働きかけること」が必要になってくるのです。  「脳の地図は体との関連でできてくる。」といわれることがあります。生まれ持った体や環境に応じて、また体の使い方の習熟・開発に応じて脳は「自己組織的」に自分を作り上げていくということです。この体の使い方を「運動」といいます。「運動」というと一般的には、走ることであったり、サッカーや野球などをやることであったり、体を鍛え、健康を保つための全身運動をさすことが多いと思います。しかし、「運動」とは、「身体が動く」ことを指すことがあります。たとえば、赤ちゃんが音のするほうに顔を向け、動くものを目で追うという行為は、視覚、聴覚を使って感じた知覚を、運動によって認知しているのです。ですから、体が高機能でないと脳も高機能にならないのです。目・耳・鼻・口・手等、様々な動作から日々子ども達は成長しています。よく「子どものすることに無駄はない」と言いますが、イタズラも立派な運動です。危険ではないイタズラはたまには大目に見てくださいね。

次回は人間の持つ2つの運動能力について5月15日ごろ載せます

2012 年 4 月 15 日 日曜日
  子どもは、生まれながら、いろいろなことができるように備わっていますが、それが発現するためには環境が影響していきます。その環境からの影響は、ひとつということはないのですが、特に、「心の理論」に兄弟が影響するかということの研究がされています。それは、子どもの育ちに異年齢児の存在がどのような作用をするかということです。このことについて、日本でも有名になったのが、ロバート・フルガムの『人生に必要な知恵は、すべて幼稚園の砂場で学んだ』(河出書房)という本かもしれません。それによると、著者であるフルガムは、「自分が人格形成をしていく過程で、幼稚園のときの仲間との葛藤、けんかをしたりとか、あるいは場合によっては助け合ったりとか、あるいは自分が約束を守らないと非常に手痛い目に会うというようなことから、多くのことを学んだ」と言っています。人生に必要な知恵は、高等教育で学んだわけではなく、幼稚園の砂場にあると言ったのは、砂に重要な意味があるのではなく、異年齢の子ども集団に意味があるということなのです。  人間というものは、他者を通して自分を理解するわけですから、自分を評価する他者が多様であればあるほど、自分というものが見えてきます。母親からだけの評価では、社会に出てから、他者から違う評価を受けたときに、心に打撃を受けてしまい、自分に閉じこもってしまうことになりかねません。異年齢の中での育ちは重要なようです。  兄弟げんかや異年齢の関わりは、今の時代なかなかやろうと思っていても出来ることではありません。毎日のようにやっている家はうらやましいですね。きっと、他の子よりも人との関わりが上手になるのでしょうね(^^)V
2012 年 4 月 1 日 日曜日

  今年もたくさんの新入園児が入園してきました。保育園は、保護者の育児支援の場として多くの方に利用していただいています。しかし、最近では少子化や核家族化の影響で、子ども達が社会を学ぶ場が減ってきています。そのような現代では、保育園は集団生活を学ぶ場としても重要な場所になってきます。また、同年齢の子ども同士の学びはもちろんのこと、異年齢の子や色々な大人からの影響もとても重要になってきます。そして、乳児期からの多くの人との関わりは、将来にも大切な影響を与えるということが分かってきました。慣れないうちの人見知りも、立派な発達の一つです。多くの人との関わりを通して、社会性と人とのコミュニケーションを学んでいるのです。泣いている我が子との別れはつらいですが、徐々に慣れて笑顔で登園出来るまでは、みんなで支え合いながら頑張っていきましょう。

(おたよりのつづき) 「自己と他者」の関係においての研究が「心の理論」としての研究が始まったころは、子どもにおいて何歳ごろからそのような行動が始まるのだろうかということについて、ほぼ4歳と考えられてきました。特に心理的な世界の理解については、3歳から4歳にかけて変化をすることが、他者が誤った信念(belief)を持っていることが理解できるかどうかというような誤信課題と呼ばれている実験でわかっています。そこで、集団における保育が必要とされたのを、4歳児からということで3歳児クラスからの保育が行われているのかもしれません。しかし、最近の研究では、「自己と他者」との関係において「模倣」や「共感」という心の動きや、行動から考えると0歳児から他者が重要な役目を持ってくると思います。ただ、この時期における他者は、子どもの周りにいる、ごく自然な社会の中に存在するものでした。また、家庭内においてもきょうだい間での関係でした。それが、現在の少子化、地域に子どもがいなくなって、自宅内には母子だけが存在することが多くなってきました。しかも、自宅内の母親は、台所で調理をし、掃除をし、いろいろな家事をこなさなければなりません。そこで、子どもだけでテレビやゲームを相手に過ごすことが多くなります。ある園に入園した子が、授乳するとき、隣でYou Tubeで動画を見せないと飲みませんという話を聞きました。入園する前は、家庭でテレビを見せながら授乳していたようです。いくら、子どもが小さいうちは母親のもとで育てるべきだといっても、自宅内に母親たった一人で育てるとなると、このような育児になる可能性は多くなる気がします。 赤ちゃんは、他者の存在を機能によって使いこなしているといわれています。遊ぼうとするときには同じくらいの発達の子を選んでいるといわれ、模倣しようとするときには少し上の子を選び、教わろうとするときにはもう少し上の子を選んでいるといわれています。子どもは、気が合うか、合わないかという個人差によって相手を選ぶこともありますが、年齢差で選ぶことも多いようです。この年齢差のある子ども同士は、家庭内でのきょうだいか、地域の子ども社会の中に存在していましたが、それも今は存在していません。そのために、今は、さまざまな年齢とも遊ぶ機会を意図して作らなければなりません。そんなことから、最近、兄弟の役割についての研究がされています。 次回は兄弟の役割について4月15日ごろ載せます。