園長日記

2011 年 8 月 31 日 水曜日
  朝、幼児組のお部屋に行くと、大勢の子ども達が、それぞれ色々な遊びをしています。ブロックをしている子、積み木をしている子、お絵かきをしている子、廃材を使って制作をしている子。どの子も思い思いに創造力を膨らませ、真剣に遊んでいます。また、一つの物が完成すると更に工夫を加えながら、新たの物に発展し、自由に発想をめぐらせながら楽しく遊んでいます。日々創造力の世界で生活をしているのですね。しかし、気が付くとさっきまで遊んでいた子達はホールに集まり始めました。十分満たされた子達はしっかりと自分で考えて、朝の会に間に合うようにお片付けをしているのです。しかし、まだまだ、先の見通しが立てられない子ども達は、朝の会が始まる寸前までお片付けに四苦八苦・・・!どうしたら、次の活動にスムーズに行ける力が育つのでしょうか?小学校に行くまでには、たっぷり遊んで、しっかりとお片付けが身についてくれると良いですね。 (おたよりの続き)   私が「赤ちゃんは、すごいなあ!」と思うのは、たぶん、大人になって忘れてしまっている人間の能力に気がつかされるからかもしれません。それは、赤ちゃんと言わず、子どもの言葉、行動、発想に大人が驚くのは、その能力というよりも、大人では考えられないような自由さがあるからでしょう。しかし、この自由さは、時として大人にとって煩わしいものであったり、面倒くさいものであったり、大人の社会を邪魔するものであったりすることがあります。また、その子どもの発想の多くは、簡単に一蹴されたり、無視されたり、制止されたり、怒られたりして日の目を見ません。  。rimg0004 赤ちゃんの脳は、想像することと学習することに特化するために、大人の脳よりたくさんの神経回路があるのではないかとも言われています。そのために、大人より可塑性(かそせい)や柔軟性がはるかに高く、変化をよく受け入れます。それは、新しい社会にいち早く順応して、その中で生きていくことの力をつけていく必要があるからでしょう。   人は成長する中で、脳の神経細胞のつながりだけでなく、それ自体の性質も巧みに変化をしていることがわかってきました。そのひとつは、神経伝達物質に対する反応の変化です。最初のころは「興奮」と呼ばれる反応を起こしますが、成長と共に「抑制」と呼ばれる反応を示すようになると言います。正反対の反応になるのです。人は、興奮して、はしゃぎますが、その後でその行動を自ら抑える必要があります。大人では、それは理性とも呼ばれることがありますが、小さな子どもはまだそれを意識することはできません。ですから、当然脳の中で、興奮を抑える機能があるはずです。それが、「抑制」と呼ばれる反応で、これにより、神経細胞に余計な興奮が起きなくなり、必要以上に情報が広がるのを防いでいると言われています   保育園では毎日の生活の中で「興奮」と「抑制」の訓練をしているのかもしれませんね。生きるために必要な力が少しずつ付いてきているのです。いつまでも自由な発想と創造性を持っていてもらいたいと思うと同時に、自分で「やめよう」とする抑制する力を持って友達との関わりを学んでもらいたいと思います。 次は9月10日頃載せます(^ ^)v
2011 年 8 月 13 日 土曜日
  赤ちゃんの脳は、生まれて間もなく、大人と近い大きさに達し、大人以上にその回路は複雑です。だからと言って、当然、なんでも大人よりできるわけではありません。まだまだその道は整備されておらず、くねくねと曲がり、細く、通りにくさもあります。しかし、赤ちゃんの知的な活動は大人より活発で、想像力や学習能力は大人よりはるかに高いのです。赤ちゃんは大人より多くの情報を収集し、自由に発想する能力は持っていますが、まだ、概念や分類で整理されておらず、抽象的なカテゴリーに情報を整理することはできません。情報や発想は、一つ一つ具体的に考え、思考力も記憶力もあるのですが、記憶として系統的に分類はできません。それが、次第に言語を習得するにつれて自由な思考は概念化され、いろいろな行動を自分の行動の記憶として残り、それに対する責任を感じるようになっていきます。つまり従来の幼児教育が想定しているように、大人は幼児という白紙に知識を描いていくのではなく、無秩序で豊かな子どもの想像力を、社会のルールで整理し、具体的な形に整えていくのです。 赤ちゃんは、科学者と同じ推理力を働かせ、想像力は豊かで、つねにトライ&エラーを繰り返しながら現実把握にいそしんでいると言われています。ある意味、大人より賢く、想像力に富み、思いやりがあり、意識も鮮明であるともいわれています。そんなことが最新科学の知見から、次々に明らかにされつつあります。   子どもはいつも無数のアイデアを提案しますが、実はほとんどのものは使えません。実行可能な案はほんのわずかです。それでも、斬新な変革能力、それをもたらす創造力と学習能力は圧倒的に大人より優れているのです。世の中で、天才と言われる人は、多くは、自由な発想をいつまでも持ち続けてきた人かもしれません。