園長日記

2011 年 6 月 30 日 木曜日

 あっという間に3ヶ月が経ち、新入園児からはずいぶん不安な表情が減り、その代わりに笑顔が多く見られるようになりました。初めは人見知りをいていた子達も、大勢の先生や子ども達と毎日触れ合っていく中で、「この人なら信頼して大丈夫!」という気持ちが芽生えてきたのでしょう。日々の子ども達の様子を見ていると、あちこちから子どもの視線を感じる時があります。そこで私は入園式で話した作戦・・・目で会話をするということをどの子ともやるようにしています。今ではどのクラスに行っても大勢の子ども達が目で口で話しかけてくるようになりました。このように毎日のなにげない関わりが一人一人に安心感を与え、何事にも興味や関心を持てる探究心あふれる子どもに育っていくのです。どの子も人と関われることを待っています。皆さんも多くの子ども達と目で触れ合ってみてください。

(おたよりの続き)   人は、ある人物を認識する時、選択する時には、「顔」が大きな意味を持っているようです。赤ちゃんは、生まれてしばらくは、人の顔の区別と、猿の顔の区別は同じようにできると言われています。それが、次第に人間の顔を区別する能力だけが残り、より高度になっていくというようです。その高度になっていくということがどういうことなのでしょうか。脳科学で有名な茂木さんは、「化粧する脳」という著作の中で、「顔はそもそも呼吸し、見たり、聴いたり、食べたり、話したり、臭いを感じたりと、生きていくうえで欠かせない機能が集結した肉体の一部である。本来なら、生物学的な機能さえ果たしていれば十分なはずだ。」ところが、この機能を果たすべき各パーツは、その存在だけでなく、その形や配置やバランスも重要な役目をしているというのです。「機能以上の“意味”を付与してしまっている。性格や考え方といった、目には見えない抽象的な概念を“顔”というラベルにみいだし、人物を認識し、選んでいるのである。」そして、どうしてこれほどまでに「顔」に傾倒するのかというと、「顔の造形そのものというよりも、むしろ顔に表われる表情と心の問題が、コミュニケーションに欠かせないからではないかと考えられる。」と言っています。  よく、親子の愛着形成が大事だと言われます。この愛着とはアタッチメントの訳語ですので、直接親子が触れ合う事で生まれてくるイメージがあります。子どもを抱いたり、子どもと遊んだり、一緒に何かをしたりすることが大切なように言われてきたところもあります。人間の脳が一番喜びを感じるのは、他人とのコミュニケーションだと言われています。特に目と目が合うことは一番うれしいことです。茂木さんは、こう言います。「目が合えば“あ、私はこの人に注意を向けられている“関心を持たれている”心にかけてもらっている」と感じ、脳が喜ぶ。このアイコンタクトは、コミュニケーションの基本である。子どもは、困ったことがあったとき、無意識に親の方を見る。その時に親がやさしく見つめ返してあげられるかどうかはとても重要だ。見つめ、見つめ返す。見つめ、見つめ返されれば子どもの脳は喜ぶ。そして愛着が生まれる。アイコンタクトで子どもは育つ。幼い自分にこうして親子間でしっかりと育まれたコミュニケーションが、人間社会の基礎を築いていくことになる。」  子どもと一緒の時でも、ついメールの着信が入ると敏感に反応してしまいますが、子どもからのメッセージやSOSの発信に敏感になることの方が遥かに大切ですね。                                                                                                                                                                                     この続きは7月15日(金)に載せます。

2011 年 6 月 15 日 水曜日
 子守りという幼い女子が子どもをおんぶして子どもをあやしたというように、必ずしも実の母親だけが育児していたとは限りません。しかし、生まれたての赤ちゃんに授乳するのは、母親だけができる特権かと思えば、それも違うようです。赤ちゃんが生まれて初めて授乳するのは、同じ頃に出産し、すでに授乳中の女性に頼んで乳を与えていたようです。これを「乳付け」とか「乳合わせ」といっていました。それは、初めての乳を,すでに授乳している他人からもらうとよく育つとしていたからです。今は、初乳にはとても栄養があるといわれているのに、変ですね。初乳には、免疫物質の濃度が通常の母乳の10~20倍も含まれています。しかも、免疫系で力を合わせて外敵を打ち負かす「生体防御機能」を果たすリンパ球をはじめとする免疫細胞群も、初乳に高濃度で含まれています。それほど、初乳の免疫力は、強力なものなのですが、多くの場合、母乳は、出産3日後ぐらいから、少しずつ出始めるために、それまでは母乳を与えることが実質的に無理です。ですから、初めての乳は他人からもらったのかもしれません。また、その乳を与えた人は、「乳親」(ちおや)といい、音では、父親に通じます。他にも、乳飲み親・チアンマとも呼ばれました。そして、男には女の子を持つ母親に頼み、女の子にはその逆にするのがしきたりで、そうすることによって、丈夫な子に育ち、縁組が早いといわれていました。そのしきたりは、その乳付けを縁として、その後も何かと親を支える共同体になっていったのでしょう。この習慣は、なんと「古事記」や「日本書紀」にも書かれているようです。そのほかにも、子どもが生まれるとその子を実の親だけで育てるのは大変だったようで、様々な親を持ち、それらみんなで支えていたようです。たとえば、「取りあげ親」は、「フスツナギウヤ」といい、臍の緒を切ってくれた産婆さん(コズエババ)のことを言います。「拾い親」というのは、赤子を橋のたもとや道の辻や家の前に捨てる真似をし、あらかじめ頼んでおいた人に拾ってもらい,その人を仮親とするものです。捨てるのは,子がよく育たない家の子や父母の厄年に生まれた子で,また子が病気や怪我をしたとき,女児ばかり生まれる家に珍しく男児が生まれたときなどにもみられ、捨てるのに、たらいや箕に入れたり、拾うときは、箒で掃き込む真似をしたり、宗教的な儀式のようでした。また、「名付け親」は,七夜のころ、他人に名前を付けてもらうことによって結ばれるもので、名親・名添え親などとも呼ばれます。名は生命の象徴であり、名を与える人は他人でも生命の生みの親であるというほど、名は尊いものと考えられており、出生時の名づけ親と成年式の改名の名づけ親があります。そして、「養い親」という親がいました。それは、病弱な子のためにとる仮の親のことで,里親や養親とは異なり、神官・僧侶・祈祷師などに頼み、あるいは氏神をはじめいろいろな神と取り親・取り子関係を結ぶ習俗も各地に分布しています。このように、育児は様々な人の共同作業であったようですが、なかでも「乳母」という存在は格別のようです。その存在は、母乳が出ない母親に代わって乳を与えただけではなく、身分の高い人間は子育てのような雑事を自分ですべきではないという考えや、他のしっかりとした女性に任せたほうが教育上も良いとの考えから、乳離れした後も、母親に代わって子育てをしていたようです。特に、平安時代から戦国時代にかけて、上層階級では、公家・武家を問わず、育ての親である「乳母」の存在が不可欠で、教育者としての重い任務を持っていました。中世の社会には、他人の子どもでも「社会全体の子ども」として、大事に育てていこうという気概があったようです。  核家族化や少子化の時代、母親一人で子どもを育て、悲鳴を上げている現状からすると、昔のような儀式やしきたりのありがたさが身にしみます。めんどくさいとか簡素化と称してやめてしまうのは簡単ですが、今こそ「乳母」ような制度が必要な気がします。みんなで子ども達の成長を喜びあえる社会にしていきたいですね。
2011 年 6 月 1 日 水曜日
 入園から2カ月が経ち、どのクラスの子ども達も毎日楽しそうな笑顔が見られます。特にひよこ組では先生にしっかりと抱きかかえられながら、心地よさそうにミルクを飲む姿も見られます。まだまだ、生活習慣は安定していないので、仮眠をしている子や、ミルクを飲みながらスヤスヤと寝てしまう子もいますが、園での食事やミルクは子どもがおなかをすかせた時間に合わせて提供していますので、穏やかな気持ちで食事をとっています。少しずつ色々なものに興味を持ち、遊びが充実してくると食事の時間も遅くなり、決まった時間にお腹がすくようになってきます。どの子も入園当初より一回り大きくなったように感じます。毎日楽しく過ごしながら、元気に成長してもらいたいです。 (おたよりの続き) 母乳について、授乳の考え方が少し前までは日本と西洋との違いが言われていました。アメリカ政府刊行物の育児案内書「インファント・ケア」の1914年に出された創刊号にはこう書かれてあったようです。 「赤ん坊は、生まれた時から、時計どおりに規則的に授乳すべきであり、授乳と授乳の間には、飲み水以外には何も与えられるべきではない。」 「育児の国際比較」(恒吉僚子・S.ブーコック編集)NHKブックスにはこう書かれていました。赤ん坊が空腹であろうと、単に甘えているのであろうとも、欲しがる時にはいつでも乳を与えられる日本のしつけと、一定の授乳や睡眠のスケジュールを生まれてすぐに、決め、赤ん坊がいかに授乳時間の前や就寝時間に騒ごうとも、その要求は満たされないとするアメリカのしつけを対置させています。しかし、戦後、アメリカの文化が入ってきて、その育児が理想かのように思われていた時代の日本では、時間を決めて授乳をしていました。少し前に聞いた話では、午前中の離乳食は、何時にあげましょうという育児書に合わせて、一生懸命に手作りで離乳食を作り、出来上がった離乳食をすべて赤ちゃんの前に並べ、スプーンに乗せ、育児書に書いてあるその時刻になると構えていて、時報と同時に口に入れる人がいるということでした。あまりに出来すぎた話ではありますが、実際にあった話だそうです。  しかし、最近の育児書では各国による差はたいしてないようです。どの国も厳密に時間を決めて乳を与えるよりも、赤ん坊の空腹に合わせた自己要求型の授乳を目指しているのです。では、なぜ日本では早くからそのような考え方であったのでしょう。「育児の国際比較」の本に書かれてあります。それは、日本庶民の子育ての伝統は、元来、欧米と比べた場合、授乳などに関して、子どもの欲求に応じようとする寛容なものであると言われてきました。赤ん坊が大人の背中におんぶされ、添い寝をされ、泣いてはあやされ、乳を含ませられる日本の育児のイメージは、子どもに早くから一人部屋を与え、「抱き癖をつけない」、「甘やかさない」というような欧米的な育児のイメージと対照的だとされてきたからです。そのような中で、「規則的に授乳」の発想も、子どもとは別個の親自身の生活を確保し、早くから規則的な身体の統制を教えようとする「欧米的」な子育て観に沿うものであると考えられてきました。 ですから、規則正しく授乳をするのは、子どものためだけではなく、母親の仕事を最小限に抑え、母親に休養と気晴らしの時間を確実に保障する意図もあったようです。 しかし、こんな風潮の中でも一時期日本でも育児書のバイブルになったスポックの育児書では、赤ん坊が空腹を訴えた時に食べさせるべきであることを訴えています。しかし、今は、そのスポックでさえ、赤ん坊の個性に配慮しつつも、親が特定のスケジュールに誘導すべきであるという考えは保守的であると言われるほど、寛容化しているようです。  育児方法は、どれが正しいというだけでなく、大人の都合や、また、科学の解明、外国の影響、粉ミルクや哺乳瓶など技術や道具などの発明によっても左右されるようです。子どもは大変ですね。 次回は6月15日ごろ載せます。