園長日記

2011 年 3 月 31 日 木曜日
 世間ではあまり良いニュースはありませんが、暖かい春風の中、新しい年を迎えることが出来ました。この園長日記もおかげさまで4年目を迎ええることが出来ました。これからも子ども達の育ちを皆様にお伝えし、共に子育てを分かち合っていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。  さて、新入園児は慣れない環境に、皆そろって泣いてしまいます。それもそうです、今まで毎日お母さんの手の中で大切に守られてきたのですから。そして、初めて保育園に預ける保護者の方も子どもと同じように離れることが出来ません。特に0歳児の保護者の方に聞くと「別れが辛くて・・・」と涙を拭きながら会社に向かいます。毎年このような光景を目にしながら、今年もしっかりと発達しながら子ども達は育っているなと安心します。子どもは両親の愛情をしっかりと受け取り、両親は親として昨日まで一時も目を離すことなく我が子を見てきたですから、どちらも自然と涙があふれ落ちるのです。この愛着関係こそ次の段階の成長には不可欠です。発達は決して飛び越すことは出来ません。しっかりとした愛着関係が基礎にあるからこそ、自立へと向かって成長していくのです。これからは、中々子どもと触れ合う時間を作るのが難しくなってきますが、どうかわずかな時間でもしっかりとスキンシップをはかっていきましょう。 (おたよりのつづき) 子どもが小さいころの親子のスキンシップの大切さは、前頭葉の発達に影響しているだけでなく、大人になったときにいろいろな影響を与えることが分かっています。その一つとして、「添い寝」が見直されていますが、他にも昔は当然のように行われていた育児方法の中には、このスキンシップが多く含まれている気がします。たとえば、「母乳」をあたえる時でも、必ず抱っこし、母子の体を密着しなければ与えられませんし、赤ちゃんを子守りしながら仕事をしなければならないためにしていた「おんぶ」も、母子の体を密着させます。そんなことを考えると、文明というのは、人と人を離していく方向に来ているのかと思ってしまいます。しかし、より科学が進んでくると、もう一度昔の育児が見直されることもあるかもしれません。園でも、子どもをおんぶしてくる親子がいますが、その姿がなんだか懐かしく見えます。  また、最近の研究では、添い寝によって結ばれる親子の絆は、母親に限らず、父親達もまた同じ場所で寝、より多くの時間を赤ちゃんと共にすることにより絆を深め、またそれを楽しんだということが報告されています。  また、逆に最近の問題として、どのように「母子分離」を図るかがあります。早稲田大学人間科学学術院教授の根ヶ山光一さんが、「発達行動学」の面から人間の子育ての特徴を言っています。 この続きは4月15日ころ載せます。
2011 年 3 月 10 日 木曜日
 毎年行われているサッカー大会が先週行われました。今年は4試合に出る予定で、4試合それぞれ子ども達が話し合いチームを決めました。すると、その中には、全部の女の子が入っているチームや男の子だけのチームなど出来上がり、バランスは良いのか悪いのかは分からないのですが、子ども達は張り切って参加しました。  今年は雨や雪の影響で練習不足でしたが、正直なところ出るからには一度くらいは勝たせてあげたい、そんな祈るような思いで参加しました。試合当日は、やはり少し心配がよぎり、チームごとに練習をすることにしました。まずはほとんどが女の子のチームです。このチームは攻撃力が弱いだろうという予想で守備の練習をしました。普段あまりサッカーをしたことのない女の子達はどう守ったら良いのかも分からないようで、とにかく壁を作ることを中心に教えました。次に男の子ばかりのチームは、まだまだボールに触れていることだけでも楽しいようで、すぐに味方のボールまで取ってしまうという行動が目立ちました。何とかそれをなくすように、パスの大切さやみんなで協力して点を取ることの大切さを大声を張り上げながら、何度も繰り返し伝えました。段々とサッカーらしくなってきたのですが、しょせん一夜漬けならぬ寸前漬け、不安が残るまま試合に臨みました。 img_0130  結果は1勝1敗2引き分けとなり、念願の1勝は果たせました。内容もどのチームも少しずつではありましたが、言われたことを一生懸命実践しながら一試合一試合健闘したと思います。特に男の子のチームが戦った最後の試合の相手はとても強く、一方的な試合になってしまうのではないかと思っていたのですが、それぞれの子が自分の役割を見つけ、その活躍が随所にひかり、結果としてチームの連帯感が生まれ互角の試合になりました。このチームであと半年練習を続けたら、きっと良いチームになるだろうなと一人思っていました。試合後、子ども達に感想を聞いてみると、どの子も満足そうな答えが返ってきました。女の子からの楽しかったとの声にはとてもうれしかったです。img_0148  このサッカーは運動面の発達やチームプレーを通しての連帯感や協調性を学ぶとても良い機会になっています。そして、何よりさまざまな経験を通して成功や失敗の中から、何かを見つけ出し、次にも頑張ろうという意欲につなげてもらいたいと思っています。  今週、年長児の最後のイベント、卒園式があります。この式でも、色々なものを見つけ出し、元気に小学校に羽ばたいてもらいたいと思います ^□^/