園長日記

2010 年 10 月 29 日 金曜日
 4月からもう半年が過ぎ、ひよこ組の子ども達も色々なことが出来るようになってきました。また、隣で生活するあひる組の子ども達も、お兄さんお姉さんぶりを発揮している姿を見かけるようになりました。そこで、食事の時間、数名がひよこ組のテーブルに行き、上手に食事をするお手本として入いることにしました。あひる組の子ども達もひよこ組の子達が気になるようで所々気に掛けながら食事をしています。まだ、始めてからいくらも立っていませんが、あひる組の子達は気がつくと、食事に対する意欲が高まっているように感じます。また、ひよこ組の子ども達も大勢の子ども達と一緒に食べることが楽しくなってきたようで、笑顔で毎日の食事を楽しんでいます。大人にやってもらうのではなく、みんなが美味しそうに食べているのを見て思わず手を出してみたり、上の子の様子を見て、食具使用を模倣したり自然と子ども達が育っていく姿を見ていると子ども達が本来持っている力を感じますね。子どもはすごいです。 おたよりの続き  最近、食事をみんなで一緒に食べることによる社会的認知的発達が、自己と他者理解に効果があるのではないかということを、香川大学の川田学準教授が「食の中の模倣過程と自他関係の形成」ということで発表しています。みんなで食べる意味を社会性の発達の中で重要であるとするのは、とても面白い観点だと思います。いままで、みんなで一緒に食べることで食欲が増すということは知られています。また、最近、他の人と食べることで味覚が変わることもわかってきています。いわゆる、たくさん食べようとする意欲が生まれたり、好き嫌いがなくなるのは、みんなで食べることによるということが分かってきているのです。  最近、どこでも「食育」ということが言われており、新しい学習指導要領、幼稚園教育要領、保育所保育指針にも食育が取り上げられ、食の営みとして見直されてきています。一方、一時期、家族の生活リズムの違いから子どもたちが一人で食事をするという個食や孤食が問題になり始めました。また、孤食をさびしいと感じずに、好むようになってきた子どもたちも問題になってきています。また、一緒に食卓で並んで食べていてもそれぞれのメニューが違う個食ということも問題になっています。また、乳幼児では基本的にはだれかに食べさせてもらわなければなりませんので、孤食はないのですが、母親と乳幼児2人きりで食事をするというケースが多いようです。 人類学的視点から見たヒトの食は、「人間は料理をする動物である」および「人間は共食する動物である」といいます。複数の個人が集って食事をするという共食が、ヒトの食を特徴づけ、また、人類における家族の起源と共食は深い関係にあり、子どもは家族を中心とした共食環境の中で、食行動や食文化はもちろん、他者理解や社会的ルールを学ぶ機会を得てきたのです。特に、食の基本が形成される乳児期では、多くの発達過程が見える中での食事は、食の自立、食具使用の発達、社会認知的発達においてとても重要であったようです。 最近取り上げられる「食育」は、栄養指導、料理活動、栽培活動での事例が多く、どれも「食材」に焦点が当たっていますが、誰と食べるかも重要です。そういう意味では、少子社会において、幼稚園や保育所で、子ども集団による食事はとても意味があります。特に、乳児からの食事も大人との二人きりで食べることは見直さなければならないようですね。 次回は11月13日頃載せます。
2010 年 10 月 11 日 月曜日
 今日は、いよいよ、本番の運動会でした。心配していた2日間のブランクも感じることなく、一人一人が自分の力を最大限に発揮していましたね。特に盛り上がったのは、やはり、プログラムの最終種目の紅白リレーですね。今年は練習の時からみな真剣に取り組んでいました。最初のうちは白組の連勝で赤は一度も勝つことが出来ませんでした。それが、予行練習の時初めて赤が勝ち、その時は涙を流す子もいました。それ以来、今度は赤が勝ち続けていました。そして、今日のリレー・・・!まさかゴールテープを切るまで息つく間もないほどの勝負になるとは思いませんでした。結果は引き分けでしたが、終わった後、赤組白組共に手を取り合って喜んでいる姿から、勝ち負け以上のものを子ども達は得ることが出来たのではないかと思います。  大人としてはどちらもとっても頑張っていたので、引き分けで良かったなと思いました。(^^)v   ところで、外国では、どのような運動会を行っているのでしょうか。樋口敦子氏が、論文「日本と諸外国の運動会の違いとは?」でまとめています。  たとえば、アメリカ合衆国では、一般的に運動会はないと言われています。その代わり、多くのところでは、「Field Day」と言われているものがありますが、特徴としては全員強制参加ではなく、参加したいものに自らサインアップすること、学年によって時間が異なること、平日に行われるために観衆が少ないこと、ダンスや組体操、マスゲームは行われないことなどが主な特徴のようです。ですから、訓練や発表の場というよりも、エンターテイメントに力点がおかれた球技を含むフィールド競技の1日といった感じです。  カナダでは、少し日本に近く、学年対抗によりゲームのような競争があり、家族が大勢見に来るようです。  イギリスの「Sports Day」は、予行練習等はなくプログラムは特になく、競技は短距離走と縄跳び走の2種目でそれぞれ個人とリレー、予選と決勝があり、ダンスや組体操、マスゲームはないようです。競技の結果には必ず順位がつけられ、個人の成績は明確にされますが、競技への参加は全て本人の意志に任された自由参加であり、参加する自由、回数、参加しない自由の全てが認められているため、競技に順位がつけられることには特に問題は起こらないようです。プログラムがないということは開会式も閉会式もありません。競技が全て終了すると子どもたちはウサギ跳び、幅跳び、麻袋に両足を入れたジャンプレース、ジャガイモのスプーンレースなど、遊びのようなこれらの種目に参加し各々の記録をカードに書き込みます。これもまた、全ての種目に強制的に参加させるのではなく、やりたいものを最低3つやればよいということのようです。全体を通しては言えることは日本とはまったく異なり、型にはまったものがなく、硬い雰囲気ではないということのようです。日本は戦後、アメリカ合衆国に倣った教育活動へと変わっていきましたが、体育という授業における運動会に関しては日本とアメリカ合衆国のものを比較するとその影響を受けなかったといわれています。  今の運動会の形式は、戦前の教育から来てると述べましたが、では、今の時代、子ども達にとっては、何が必要で、どのような運動会にしたらよいのでしょうか?子ども達の日々の姿からいつも答えを探し、行事を通して無理なく成長できるような内容にしたいと思います。そして、何よりも楽しい運動会にしていきたいと思います。 img_09241