園長日記

2010 年 5 月 29 日 土曜日
 先日親子親睦会が行われ、0歳児の親子の関わりを見ていました。ある子が大型遊具を興味深げに見つめ、何かをしようとしていました。それを察したお父さんはその子を遊具に乗せてあげましたが、どうやら遊具で遊びたかったわけではなかったようで、階段を慎重に降り始めました。その後、その子は丸いハンドルに手を掛けよじ登っていました。子どもの行動は意図して行っているようには見えませんが、実は自分の発達をよく理解していて、自分にあった遊びを見つけているのかも知れないと思う場面をよく見かけます。その度に、子どもは自ら育つ力を持っていて、その力を大人が信じ、認めてあげることが大切だと思います。もし、子どもが自信をなくし不安になった時は「大丈夫だよ」と陰で見守っていることがとても大切なようです。  子どの本来の育ちについてあの福沢諭吉もこんなことを言っています。 (おたよりの続き)  江戸時代後期に英語を日本語に当てはめた漢字の中で、いまだにその間違いが影響している言葉に「教育」という日本語があります。教育と訳されている“education” は、もともと “educe” が語源で、可能性を引き出す、という意味なのに、「教え込む」という意味の漢字に当てはめてしまったからです。それはおかしいと福沢諭吉は「文明教育論」の中で、こんなことを言っています。「教育の文字ははなはだ穏当ならず、よろしくこれを『発育』と称すべきなり」と述べ、さらに、「天資の発達を助けるだけなので、『発育』という表現がふさわしい」と主張していたのです。明治時代の教育というのは、1872(明治5)年の学制にみられるように、非常に画一的な上からの教育でした。それに対して、彼は、「我が国教育の仕組はまったくこの旨に違えり」というように、「発育」とは、そうした明治政府の教育に対する批判でした。「教育」と訳されてしまったのは、彼が何年か外国に行っているうちのことで、福沢諭吉は帰国してそれを知って、たいそう残念がったそうです。「発育」 は学び手が主体であるのに対して、「教育」 は授ける側に力点が置かれています。「学校は人に物を教うる所にあらず、ただその天資の発達を妨げずしてよくこれを発育するための具なり」というように、学校というところは、人に何かを教えるところではなく、もともと人が持っている自ら育とうとする宝を妨げないことであり、「学校の本旨はいわゆる教育にあらずして、能力の発育にありとのことをもってこれが標準となし」というように、能力を見出し、それをはぐくむことが役目であるというのです。  子どもの力を信じ、認め、見守れる大人でいたいと思います。

次回は「親子の関わり」について6月15日ごろ載せます

2010 年 5 月 15 日 土曜日
 「キッズスキル」の中に、「タイムアウトできるようにする」というものがあるそうです。「怒っているときは感情のままに発言してしまうので、怒鳴ってしまうこともあるでしょう。親だって人間です。大人の側が感情的になったときにはタイムアウトを取りましょう。怒鳴りそうになったら、“今とても怒っていてちゃんと考えられないから、10分待ってちょうだい。10分したら必ず部屋に戻ってくるから”と言って、部屋を出ます。10分、一人で落ち着く時間を取りましょう。」とあるそうです。  欧米の保育園や幼稚園には「けんかコーナー」や「ピーステーブル」と言われる場所がよくあると聞きます。この場所で思う存分ケンカするのです。ケンカすると言っても殴り合うのではなく、納得がいくまで話し合うのです。昨年の年長児はよく話し合いをしていました。お互いが納得いくまで長い時には1時間も話し合っていました。しかし、時には感情的になり、片方が怒り、また片方が泣いてしまうと言う結果になった事も多々ありました。このような時にこの「けんかコーナー」のような場所が確保されていたら、もう少し良い解決が出来たかもしれません。  「けんかコーナー」には、そこで話し合うということでそこまで行く間に少し頭が冷やされるという効果があるそうです。この本にも、「人間の感情に良い、悪いはありません。怒ること、悲しいことは誰にでもあることです。大人が自分の気持ちを伝えることで、子どもは誰でも怒ったりイライラしたりすることがあるのは、普通のことなのだと認識できるからです。時間を決めて、その時間が経ったら必ず戻ってくることを伝える。突然出ていくと、子どもは見捨てられたと不安になります。時間を設定することで子どもに安心感が生まれます。もしも子どもに怒鳴ったり、感情的に怒ってしまったりしたら、あとで素直に謝る。大人も間違いをすることがあることがわかり、子どもも自分が間違ったことをしたときに謝れるようになる。」そうです。  日本の園でも3,4,5歳児の部屋に「けんかコーナー」を作ったところ、けんかを始めた子どもたちは、その場に行って話し合いをするようになったようです。子どもたちは、環境を用意するだけでも自分たちで解決しようとするのですね  木月保育園でもいつかこの「けんかコーナー」が現れるかもしれません。お楽しみに。
2010 年 5 月 3 日 月曜日
アップするのを忘れていました・・・(^^;)  みなさんは普段、子どもを褒めたり叱ったりする時、どのようにしていますか?園では3つのルールを決めて、ルールに沿って褒めたり叱ったりします。園は集団の場なので、みんなが守れば楽しい場となり、一人でも守らないとつまらない場になると言う事を子ども達が理解できるように伝えています。先日も、幼児組のお帰りの会を覗いてみたら1人の子が「困っている人がいたら助けよう」のルールのもと、人助けをしたとみんなの前で表彰されていました。子ども達は良いこと悪いことの判断がなかなかつきません。その分からないところを大人が具体的に示してあげる事により、少しずつ分かっていきます。赤ちゃんが泣いている時も不快に感じる気持ちを代弁してあげる事により落ち着く事が出来るのです。大人も分からないことがたくさんあります。子どもと共に1つずつ学んでいけると良いですね。学力世界一のフィンランドではこんな関わりをしているようです。 おたよりのつづき・・・!  フィンランドと言えば、PISAの学力調査で世界一の学力と評価されてから、世界中から視察や、フィンランドのメソッドを研究する人が増えたようです。ある本の中に「フィンランド式キッズスキル」とあり、それは親子で問題解決能力をつけようというというものです。その中には、「子どもの問題解決能力を高められる。子どもに“ダメ”と言わずに問題を解決できる。子どもの責任感、社会的スキルを高められる。」とあります。これらの能力は、子どもがぶち当たっている壁を乗り越えるためのスキルというだけでなく、今、子どもたちに必要だと言われている学力というスキルでもあるのです。ですから、このスキルは、教育で成功しているフィンランドで考えられているのです。  キッズスキルでは、子どもに起きている問題を解決するために、相談者の問題の原因を探り、そこから解決方法を導き出すという「原因」の探求ではなく、「解決」の探求に焦点を当てています。例えば、子どもが園で周りの園児に迷惑をかけるようなことをしてしまったとき、そんな行動をとった「原因」を追求しようとすると、周りの人やその子自身を責める発想へと進んでいってしまいます。そもそもたいていの場合、はっきりと「これが原因」と言いきれることはありません。一方で、「解決」を追求すれば、周りのみんなが協力し、はっきりと具体的な打開策を見出すことができます。「やらないでほしいことではなく、やってほしいことを伝えると子どもは言うことを聞いてくれます。」例えば、「どならない!」と注意するよりも「静かに話しなさい」という注意の仕方がいいと言います。ほかにも、「物を投げるのをやめなさい!」から「自分のものを大切にしなさい」、「食べ物で遊ばないの!」から「行儀よく食べなさい」、「妹をからかわないのよ!」から「妹にやさしくしなさい」というようにするのです。これは、フィンランドの子どもたちに対してのことですから、その年齢までの育ちがどうであるかが影響しますので、日本の子どもたちに効果があるかはわかりません。禁止することは、やってはいけないことは分かりますが、どうすればよいかはなかなかわかりません。やってほしいことを提案する方が、具体的な行動にすぐに移しやすくなります。また、禁止事項が蓄積されてくると、動けなくなってしまいますが、やってほしいことが蓄積されていくに従って、自分への自信が持てるようになります。  「良いことを自信を持って行う」そんな子ども達が将来の日本を支えてくれると良いですね。 次回は「けんかコーナー」の話です。5月15日頃に載せます。お楽しみに!!