園長日記

2010 年 3 月 31 日 水曜日
桜の開花と共に新しい子ども達が入園してきました ひよこ組のお友達は、まだ歩いたりハイハイをすることを始めたばかりで、少しずつ出来るようになってきます。その頃になると、ひよこ組の子達はお昼の時間、ハイハイ大移動があります。レストランまでの長い道のりをハイハイをして移動するのです。その姿は、テレビで見る“ハイハイ競争”のようで、上手にハイハイで移動してくる子や途中で止まってしまう子、寄り道をしている子等さまざまです。それが少しすると「おなかがすいたから行こう」とばかりに上手に移動できるようになってきます。ハイハイはこの時期だけのほんの数カ月の行動ですが、今、このハイハイが子ども達の将来にとってとても重要だと言う事が分かってきました。園でも積極的に取り入れています。 080325_080201  おたよりのつづき 最近、ハイハイをあまりしないうちに、つかまり立ちや、あんよを始める赤ちゃんが増えているそうです。東京成徳大子ども学部教授の今井和子さんは「家が狭い、どこへ行くかわからないから不安、床に落ちたものを口に入れるから汚い、泣かせたくない――など、様々な理由があるのでしょう」と分析しています。 ハイハイは人間の自然な発達の段階において、大変重要な過程です。ハイハイは四足歩行とも呼ばれ、上半身や股関節の筋力強化、骨格の形成、運動神経の発達に欠かせない動作です。しかし、周りの大人たちは、早く歩かせようとすることばかりに気を取られ、一生懸命になります。子どもを歩行器に乗せて「早く歩け」と期待したり、体を支えて足を床に着けると、足をバタバタするので「もう歩けるぞ」と、無理やり歩かせたりしてしまいます。 乳児期に「どれほど丁寧にハイハイをさせたかが、その後の歩行能力に影響する」というのが、専門家の共通した意見です。昨今では、「よく転ぶ、すぐ疲れたと言う、姿勢が悪い」子どもが多いことが、教育現場などから多数指摘されています。また、転んだ時に手を付けない子もとても増えています。これらの子どもの異常は、乳児期のハイハイ不足が一要因であると言われています。十分にハイハイをさせることで、しっかりした歩行能力が身に付くことを理解しなくてはなりません。また、ハイハイを行なうことによる手足への十分な運動刺激が、脳の発達を促すことも指摘されています。ハイハイをすべき時期には、十分なハイハイをさせることが、子どもの健やかな成長のためには何よりも大切なのですね。 ご家庭でも、ハイハイしながら「まてまて」と追いかけっこをするなどして、上手にハイハイを取り入れていったらどうでしょうか。                                       次回は4月15日頃に載せます
2010 年 3 月 10 日 水曜日
先日、川崎市内の13の保育園の年長が集まってサッカー大会が開催され各チーム4試合が行われました。ご存知の通り、サッカーは11人で行う試合です。23人の年長組は全員が試合に出場するためにグループ分けをすることにしました。今年は担任の意向で、前半2試合は担任が決めたABチーム、残りの2試合は子ども達が話し合って決めるCDチームを作り試合に挑むことにしました。チーム決めは、女の子は簡単に出来たようですが、男の子はそうはいきませんでした。2チームに分かれてしまうこと、前後半で交代しなくてはいけない子がでてしまうこと、この二つをケンカなく決めなくてはいけません。初めは言い争う場面もありました。しかし、最後にはお互いの立場や意見をくみ取り、自ら名乗り出る子が現れ解決しました。 試合結果は4試合中、1勝2敗1引き分けでした。今年のぞう組の子ども達はとても上手だったので、もしかしたら全部勝ってしまうのかと思っていました。試合の内容はどの試合も接戦で、子どもとは思えないようなシュートも何本も出ました。子ども達はとても悔しがり、特に負けてしまった試合では、あまりの悔しさに男の子も女の子も泣いてしまう子がたくさんいました。この涙の裏には一生懸命頑張ってきたという想いがあったからこそでしょう。しかし、この時、現れたのは、先ほどチーム決めをしてもめていた子ども達でした。「おれ達にまかせろ!かたきを取ってきてやるぞ!!」と慰めていました。誰に言われるでもなく自然と出てくる言葉に驚かされ、この子達の姿を見ながら、この辛い想いをバネに強い心になってもらいたいと願いましたcimg11661 普段、保育園で伝えていたこと。「自分達で考えて行動すること」「困っている人がいたら助けること」等日々の保育の中で成長していたのでしょう。とても仲が良く、ケンカをすることもあったぞう組さんでしたが、この日はなんだかいつも以上に大きく見えました。きっと最後の卒園式でも立派な姿を見せてくれる事でしょう。cimg1169