2020年 8月

「子ども同士の関わりの中で見つけた素敵な優しさ」2歳児りす組編

例年より少し長く感じた梅雨が明け、ようやく夏らしい暑さが戻ってきた中、りす組の子どもたちは暑さに負けることなく元気いっぱいに遊んでいます。 お友達との関わりも以前よりたくさん増え成長を感じる場面も多くなりました。今回はそんな中から素敵だな~と感じたエピソードをお話ししたいと思います。 ある日、Aちゃんが悲しそうな表情をしてこちらへ歩いていきました。どうしたのかな?と思い声を掛けてみると

「創造力 半端ない!!」幼児組編

子どもたちは日々新しいこと、大人が想像出来ないような物を作ったり、作品を生み出したりしています。専ら廃材遊びは大人気。今日はそんな廃材遊びでの作品作りの様子についてお話しさせていただきたいと思います。 この大作は“ジャックと豆の木”を再現した作品です。             子ども

top